ノルディックウォーキングの服装
Nordic walking clothing

 ノルディックウォーキングをするときは、頭部を保護するため帽子などを被るのが望ましいです。
 特に夏場は熱中症予防や日焼け予防にもなりますので、つばのあるハットやキャップが良いと思います。一方、冬場で気温が低い時はニット帽で耳を覆うのも良い方法です。
​ なお、帽子ではありませんが、タオルや手ぬぐいを頭に巻くのも個性的な方法です。
When doing Nordic walking, it is advisable to wear a hat to protect your head. Especially in the summer, a hat or cap with a brim is recommended to prevent heat stroke and sunburn. On the other hand, the when temperatures is low as in winter, it is a good idea to cover your ears with a knit hat. Although not a hat, wrapping a bandana or headband around your head is another unique way to protect your head.

​ 冬場など気温が低い時は、首から冷気が入るのを防止するためネックループや手ぬぐいを巻くことが望ましいです。
When the temperature is low, such as in winter, it is recommended to wrap a a  neck gaiter or scarf around your neck to protect the neck area from cold air.

 汗による冷えを防ぐため、汗がよく吸いよく乾くウエアが望ましいです。(冬場は必須)
 登山用品を流用できますが、近年ではワークマンやユニクロで安価なものも多く出回っています。
​ ウエア類による温度調整は、1~2枚で行うのではなく重ね着で調整するようにしましょう。
Clothes that absorbs sweat well and dries quickly is recommended to prevent getting cold due to sweat. (required in winter). Mountaineering gear can be used, but in recent years, many inexpensive products from Workman and Uniqlo are on the market. Adjust body temperature with clothing, not just with one or two pieces, but with many layers of clothing.

 基本的には、上半身と同様です。
 ズボンの長さは、夏場のシティウォーク※やパークウォーク※であれば半ズボンや七分ズボンでも良いと思います。このとき、必要に応じてタイツ(サポートタイツを使うと腰や膝の負担が減少したり、筋肉疲労が残りにくい)を着用してもよいと思います。ただし、夏場であっても未知のトレイルウォーク※ルートのときは、念のため長ズボンの着用が望ましいと思います。
The basic idea is the same idea as for the upper body wear. The trouser length may be three-quarters or even shorts if it is a city walk* or park walk* in the summer. At this time, you may wear tights as needed (Wearing support tights reduces the burden on the lower back and knees, and muscle fatigue is less likely to remain.).  However, even in the summer, it is advisable to wear long trousers just to be safe when you are on an unknown trail walk* route.

シティウォーク:基本的に舗装された道路や歩道のウォーキング

パークウォーク:アップダウンなど変化に富んだ整備された公園内のウォーキング(森の中など非舗装路は少な目)

トレイルウォーク:草が生い茂った森や登山道に近い遊歩道のウォーキング

*City walk: Basically paved road or sidewalk walking.
*Park walk:  Walking in a park with a variety of ups and downs (there are very few unpaved roads as is in a forest)
*Trail walk:  Walking on a path near grassy forest and climbing trails.

 基本的にサンダルではなく靴を履いてください。
 シティウォークであれば一般的な運動靴やランニングシューズのような軽めで底が薄い物でも良いと思いますが、非舗装路が多いパークウォークやトレールウォークのときはボディがしっかりして底が厚めのトレールランニングシューズやライトなトレッキングシューズ(シャンクの入っていないタイプ)が良いと思います。
​ 特にトレールウォークに使用する靴は、ローカットよりくるぶしが隠れるミドルカットやハイカットが望ましいと思います。
Basically, wear shoes, not sandals.
If it is a city walk, you can use something light and thin like general athletic shoes and running shoes, but in the case of park walks and trail walks where there are many unpaved roads, the body is solid and the bottom is thick. I think that trail running shoes and light trekking shoes (type without shank) are good.
Especially for shoes used for trail walks, it is desirable to have a middle cut or high cut that hides the ankle.

tozangutsu004-3b-horz-1.jpg

  基本的に両手が自由に使えるようなカバン(バッグ)を使用してください。
​ シティウォークや短めのパークウォークでは、ウエストバッグやヒップバッグ、ワンショルダーバッグを使用しても差し支えないと思いますが、長めのパークウォークやトレールウォークでは必ずバックパックを使用してください。(バックパックは、タオル+雨具+水<体重×行動時間×5mLが目安>が余裕で入るサイズにしてください。)
Basically, use a bag that allows you to use both hands freely.
I think it's okay to use a waist bag, hip bag, or one-shoulder bag for a city walk or a short park walk, but be sure to use a backpack for a long park walk or a trail walk. (Please make the backpack a size that can accommodate towel + rain gear + water <weight x action time x 5 mL as a guide>.)